やっぱりおもしろかった!海外ドラマ・映画三昧な日々

映画・ドラマ等のレビューがメインです。ややネタばれがあります。
人気作からマイナーな物まで幅広く取り上げようと思います。空に太陽を心にミーハーを!

チョコレートドーナツ(Any Day Now)

chocolate_donuts_illust_3403
1979年、カリフォルニア。 ショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。 ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。 母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。 世界の片隅で3人は出会った。 そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。 しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。
 
ショーダンサーのルディの隣の部屋の隣から、大音量の音楽が流れる。
ルディが文句を言いに行くと
女性が出てきて
「関係ないでしょ。オカマ野郎!」と悪態をつく。
そして彼女は出かけた後、麻薬常習で逮捕され、家に帰ることはなかった。
一人残されたダウン症の息子(マルコ)。

施設に預けられたマルコは、脱走するが、
道がわからずフラフラ歩いていると偶然ルディに会う。
「家に帰る。ママのところに。」
ママのことは嫌いではないらしい。
ママはもう帰ってこないので家に連れて帰るルディ。

唐突に母性(父性?)が目覚め、
弁護士を強引に巻き込み、マルコの保護を思い立つ。
 
「出所までの間、マルコの面倒をみるので書類にサインを」

と拘置所の母に会いに行く。

母親は
「あの子は元気?」
「いくら払えばいいの?」
「タダで面倒見るの?」

と静かに答える。
児童施設よりも、隣のオカマ野郎に息子を託す。

母親は麻薬常習者ではあるけれど、マルコに愛情はあったと思う。
マルコが初めてルディの家に来た日、
「ドーナツ食べたい」と言って、パサパサのビスケット出されたときの、ゲンナリした表情。
ママのドーナツが大好きなんだよね。
買った物かもしれないけど。
14才の男の子になぜかお人形を与えてるけど、
親子関係は悪くなかったのではないか。

裁判で正式にルディとポールの家で保護されることになると、
素敵な部屋とおもちゃを用意され、マルコ嬉し泣き。
マルコは現状をすべて受け入れて生きている。
パーティーではディスコダンスを披露したり、
ハロウィンで面白仮装でごきげんだったり、
マルコのかわいい性格が全面に出ています。
ダウン症の特徴なのかもしれないけど、
基本的にはダダをこねたりしません。

↓ネタバレ↓

続きを読む

イコライザー2

イコライザ

“昼はタクシードライバーとしてボストンの街に溶け込み、夜は冷静残虐に悪人を始末していく。CIA時代の上官スーザンが何者かに惨殺。怒りに震えるマッコールは極秘捜査を開始。”

一人で現場に乗り込んで、言葉少なに相手が大人数でも19秒でボコる。
デンゼル・ワシントンつええええ!

アメリカ版必殺仕事人といった感じでしょうか。
被害者がアダ討ちを頼みにくるのではなくて、マッコールの良心にもとづいて勝手にお仕置きすることも。

ある日マッコールは、自分が住むアパートの落書きをせっせと拭いています。

通りかかった少年マイルスが

「そんなの大家や塗装業者にたのめば?」と言うと

「『誰かがやるはず』と『やる』は違う」
「誰でもできるが誰もやらない」 


と答えます。
正義を振りかざしてヒーローを気取るのではなく、やるべきことをやる。それが漢である。

イコライザー1のほうが良いと聞いていたのですが「 イコライザー2」かなり良いです。

さきほどの少年、美術の勉強をしているのですが、汚れた壁に新たに絵を描き、マッコールの部屋の壁を塗る約束をします。
見た目チャラいけど、ちゃんとお金を請求します。
マッコールも適正価格を考えながら、時間を決めて彼に仕事を任せる。
若いから、とタダ働きさせたりしない。
どんな仕事にも報酬が発生するという当たり前のことが、
日本のドラマではあまり重要視されません。

朝ドラ「スカーレット」では見習いの主人公の女の子は、
1ヶ月働いても封筒にお札が1枚。
昔はこうだったけど今は違う、とわかっていても
わざわざそんなシチュエーションを入れるあたり、
まだ日本は、雇用者が強さを誇示していることを
サブリミナル効果のように、ブチこんできます。
 
最近のアメリカ映画ではあからさまな人種差別シーンはない。
メディアで「当たり前のことを当たり前」に扱うのって、
意識の刷り込みとして、
これからの時代に重要な意味を持ってくるのではないかな。


続きを読む

パッセンジャーズ

パッセンジャー図
飛行機事故で奇跡的に生還した5人の乗客のカウンセリングを担当するセラピストが、不可解な事態に巻き込まれていく心理サスペンス。

クレア(アン・ハサウェイ)は上司の指示で
飛行機事故の被害者へ面会に行く。
その時の上司がこう言う。
「新しい世界に行くことをおそれないで」。
初仕事なの?
初仕事でそんな重い仕事まかせちゃう?
この不思議なコメントに違和感を感じずにいられなかった。

事故にあって、病室で治療を受けている人がたくさん出てくるけど、
全裸でベッドに座る男性の姿が見える。
ショックで一時的にハイになっているみたいな流れでしたが、脱ぐ?

クレアは仕事で面会に来たので、自己紹介で苗字を名乗る。
全裸の男性は、いきなり「クレア」と呼ぶし、なぜ名前知ってる?
名刺をチラッと見せただけで、全裸の相手に名前で呼ばれるのヤだな。

2回見てわかったんですけど。
この男性の背中がキレイ。キレイすぎる。まったく怪我してない。
ここでピーンと来た人はもう映画のネタバレになっちゃいます。



以下ネタバレ↓ 
続きを読む

Love & Other Drugs

loveandother
チャラ男ジェイク・ギレンホールと
すぐベッドに連れ込もうとするアン・ハサウェイ。
中身のないヤリ◯ン映画かと思ったら、
ちょっと趣向が違った。

普段ラブロマンス映画はあまり見ないんだけど、
アン・ハサウェイが好きなのでついつい。

パーキンソン病をかかえ人生あきらめた女と
製薬会社のチャラ男がセフレ関係になるが、
次第に彼女を愛し始めて、
最後はハートフルストーリーになるという
欲張りな映画。

アン・ハサウェイが本当に躊躇ないぬぎっぷりで、
美しい。おっぱい丸出しです。
とにかく会ったらすぐやる。
すぐやる課か。
しかし、なんだか途中重苦しくなってきます。

今住んでいる地域の薬局は薬が高いので
バスに乗って遠い土地まで薬を買いに行く彼女。
アメリカの保険事情は複雑らしい。

ファイザー製薬とかイーライリリーとか
実在の企業名が繰り返し出てくるので
スポンサーの力がすごい。 

↓以下ネタバレあります。 ↓
続きを読む

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車(スノー・ロワイヤル元ネタ)

息子が何者かに殺されてしまう。ニルスは復讐を誓い行動に出るが、それによりドラッグを巡る2大勢力の抗争を招くことに。三つ巴の殺し合いで最も不利なニルスだったが、彼には誰にも負けない不屈の正義と、除雪用の大型重機があった...。
「ファイティング・ダディ」って
どうしても「ファインディングニモ」と混同しがちなタイトルだねー。
魚でてきませんけど。
 
怒れるお父さん(イカレてる?)にステラン・スカルスガルド。
グッド・ウイル・ハンティングの教授役でも出てましたね。
お父さん、全然強そうに見えないのに、
「いつのまにか、あっという間に」人を殺しているという
スマートかつユニークな展開。
被害者が多すぎるわりに、悲壮感がない。
マフィアの親分が貴公子系イケメンなのに頭のネジがぶっとんでて、
別居中の妻にはクソミソ言われ、
「子どもを殺された父親の復讐劇」とは
関係なさそうな部分の作り込みが面白い。
 
復讐お父さんは、マフィアの子どもに近づき、
相手をおどすため連れ去ったが、
当の子どもはまったく怖がっておらず
「おじさん、寝る前に本読んで〜」
絵本なんてねーよ、除雪車のカタログでも読んでやるか...と
しぶしぶスペックを読み上げて、
「なにこの、ほのぼのワールド...」
視聴者は期待を裏切られまくる!

サスペンスなのかコメディなのか
理解に苦しみながらも、ぐいぐい引き込まれます。

 

鬼強いアクションおじさんこと、
96時間シリーズで有名なリーアム・ニーソン主演でリメイク決定。
「スノー・ロワイヤル」!
一体どんな展開になるのか?
見比べるの楽しみですね。 

キングスマン



17年前に父を亡くし、無職のままロンドンで母と暮らすエグジー。彼の前に現れたハリーは、普段は高級テイラー「キングスマン」の仕立て職人、だが裏の顔は秘密裏に活動する国際諜報機関のスパイだった。ハリーは、エグジーをキングスマンの新人候補としてスカウトする。 
スパイ養成所での試験がいちいちスケールがでかかったり
子犬を育てる訓練(?)でパグが可愛かったり、
サミュエル・L・ジャクソンの服がチャラすぎておかしかったり
いろいろてんこもり。

表向きは高級テイラーなので、
着ているスーツが、ピシーッとしてて、
かっこいいですね。
防弾カサとか、ナイフが飛び出る靴とか、
おもちゃみたいなスパイ道具もワクワクします。

冒頭の「Manner,make,man」 (マナーが紳士を作る?)
鍵かけガチャガチャ、グラスぶん投げる、あれやりたいよね!
エグジー役のタロン・エジャトンかわいいね。
針付き義足の美女ソフィア・ブテラの動きがキレッキレで
かっこいい。 さすがダンサーです。
(ザ・マミーでも動きまくるミイラ役で有名。筋肉質で健康的なミイラ。)



 
続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

生まれながらの天才だが裕福とは言えない暮らしをし、
大学の清掃員をしているウィル・ハンティング(マット・デイモン)が
心理学者(ロビン・ウィリアムズ)と出会ってから心を開くまでのお話。

ウィルが頭脳明晰さを武器にして、
ヘッドハンティングされるサクセスストーリーではありません。

一度見た本はすぐ暗記するし、
秀才のガールフレンド(大学生)の宿題をチラ見しただけで
問題を暗記して、解答を書いてきちゃうけど
ガールフレンドは
「勉強は自分で解かないと意味がないのよ」。
まさしく。
楽して得しようとしている人が出てこないので
見ていて気持ちが良い。

ウィルの友人役に
ベン・アフレック
ケーシー・アフレック
とあともう一人(印象うすっ)

アフレック兄弟が若い!
ケーシー・アフレックが、ただのノーテンキ少年で可愛い。


続きを読む

宇宙人ポール

アメリカのUFOスポット巡りの旅に出たSFオタクのグレアムとクライブは、
ひょんなことから生意気な宇宙人・ポール(声:セス・ローゲン)と遭遇し、
彼を故郷の星へと返す手助けをすることに。
こうして始まった銀河を股にかけた3人の珍道中... ジャケ写から想像もつかない面白さだった。

アメリカの映画によく出てくる「コミコン」(漫画のイベント)に
出かけるSFオタクの2人の男性。
特にイケメンというほどでもないふつ〜〜のイギリス人。
(サイモン・ペッグ)(ニック・フロスト)
40代と思われるけど、仲良くて本当に楽しそう。
こんな友情いいよな〜。

おバカ映画と思ったら
ストーリーがしっかりしてて、
道中出会う人も変な人で、でも普通にいそうな感じ。

中身がおじさんみたいな宇宙人って誰でも考えそうな設定、
スベリがちだけど、意外と違和感がない。

宇宙人が「Xファイルのモルダー捜査官は俺が考えた」とか
スピルバーグに電話でアドバイスしたり、
意外と有能(?)な面も。

悪の親玉があの女性とは、ワクワクするね。

グダグダにならないので、
最後まで観るとスカッと爽快な気分になります。

96時間/レクイエム エクステンデッド・エディション

元妻殺しの容疑をかけられた男が
汚名を晴らすため、
娘を守るため、
立ち上がる。

元妻とも普通に交流があった男ブライアンは、
元妻からの「ベーグル買ってきて」というメールを見て
ホカホカのベーグルを買って戻ると
元妻が死んでいた。
そこに警察が突入して囲まれてるが、振り切って銃を奪って逃走。
そしてまた捕まるんだけど 
護送中のパトカーの刑事をボコって
めちゃくちゃなカーチェイスをし、
首ムチウチにならず、爆発しても無傷で逃走。
やたらタフなおじさんといえば
リーアム・ニーソン。
これで60代か!
相手が何人でも絶対勝つ。

何があっても全然ピンチにならないので、
観てて非常に安心感。

爆破好きにはたまらない映画。 

娘役のキムは、
テレビドラマのLOSTに出てました。
・非協力
・遭難してるのに危機感0
・自分勝手
と三拍子そろったシャノンちゃん(マギー・グレース) 

今回、リーアム・ニーソンの娘ということで
なかなかの知能と行動力。 

しかし。
こんな図体のでかいおじさん、
遺体安置所や娘の学校や
いろんなところに忍び込むけど
いや、目立つでしょ。

酒屋で大乱闘、
カウンターのギャルも悲鳴ひとつあげず通報しない。 

離陸しようとする飛行機にポルシェで突っ込むも無傷。
パイロット大丈夫?
 
そういう矛盾は置いといて、
ただただ強いリーアム・ニーソンを楽しめば良い。 

プーと大人になった僕


くまのプーや仲間たちと別れて大人になったクリストファー・ロビンは、 休日に家族と過ごせないほど日々仕事に追われていた。 そんなクリストファーの前に突然現れたプー。久々の再会に、喜びと懐かしい日々を感じながらも、 また仕事に戻らなければならないクリストファーに、「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」とプーは問いかける
ユアン・マクレガー。
昔から知っている俳優が出てるってホッとするよね。
いい大人になったなあ。

 仕事がうまくいかず
「どうしよ、どうしよ」と悩んでいるクリストファー・ロビン。
 背後から 
「あったかい部屋でお菓子食べたい」と突然出てくるプー。
 「プーーー!ストレスで僕は壊れてしまった!」
 と慌てつつも、しょうがなく家に連れ帰ることに。
 
家に入れば はちみつをこぼして、
べたべたの手で顔に触るわ、
はちみつだらけの足でカーペットを歩くわ、
朝からキッチンの棚を派手に壊すわ、
(ドリフかよ!)
仕事で忙しいのに邪魔ばかりするプー。
クリストファー・ロビン、いらついてます。

邪魔だから森に連れて行こうとひとまず駅に行きます。
道中もイラつくことばかり。
しかしスーツ姿に書類カバンを持った紳士が
黄色い熊のぬいぐるみと赤い風船を抱えてるのは、
何をやってもおかしさがこみ上げます。

プーって、こんな薄汚い色でしたっけ?
毛がモサモサしてて、愛くるしい感じじゃなくて、
声もかすれたオッサンみたいで。
でもかえってそれが良かった。
毛玉フリースみたいなピグレット、
もこもこのイーヨー(会話がネガティブ)
ティガーやカンガ、ルーはイメージ通り。

大人になったクリストファー・ロビンがもし日本人だったら
「もうオジサンだよ」 みたいな自虐っぽいセリフを言いそう。
「もう○○だから」は禁句な。
すべてを否定しては何も生まれない。 
自分は自分。たとえシワが増えようが。
森の小さな動物たちには
「毛むくじゃら、鼻がでかい」とか言われて
「ひでえな!」ってなってたけど。 


続きを読む
QRコード
QRコード