やっぱりおもしろかった!海外ドラマ・映画三昧な日々

映画・ドラマ等のレビューがメインです。ややネタばれがあります。
人気作からマイナーな物まで幅広く取り上げようと思います。空に太陽を心にミーハーを!

「チング」はサブタイトルが「友へ」になっていますが、
漢字で親旧 と書きます。
フレンズでもクラスメートでもない「友」。
今そう呼べる人がはたして何人いるのやら。

「チング」はこの4人の少年が主人公になります。
暴力団の親分の息子ジュンソク(坊主かパンチパーマが激しく似合う悪人顔)
葬儀屋の息子ドンス(ケンカッ早いチャン・ドン・ゴン)
おぼっちゃんのサンテク(中川家弟に似てる)
お調子者ジュンホ(高嶋弟に似てる)


このヒト達、詰め襟着てても顔が老けすぎ〜。
チャン・ドンゴン、いつも通り顔は美しいのですが、
なんだか違和感が。

まず80年代のシーンがつっこみどころ満載です。

(1)人気女子高生バンドのレインボー
 真っ黒ボブ、サイドの髪で目を隠してベレー帽、
 首にはスカーフ。
 不思議なファッションセンス。
 歌も微妙。でも面長の美人です。

(2)屋内ローラースケート場
 ただぐるぐる回るだけで、これがやたらと狭い!
 21世紀には「ローラースケート場」なる施設は絶滅?したが、
 80年代には確かにあった。今はなきジャングルパーク内に。
 そして、もうちょっと広かった。
 ゲームセンター等、
 アミューズメント施設と合体型であった。

(3)映画館が詰め襟の男子学生で
 ビッシリ埋まっている
 大人や子供や女子学生は映画を見ないのか?
 ホールを走り回っているのに、係員が注意しない。
 私服の学生がほとんどないのはなぜか?

(4)やたらと喧嘩が頻発
 ローラースケート場でもモメたし、
 しまいにゃ映画館で観客全員と乱闘騒ぎ。
 目が合ったのとか原因はつまらないが、
 館内で数十人〜100人?対4人
 で乱闘するのはスケールでかすぎ。

日本で言うたら、ビーバップハイスクールみたいなもんでしょうか?
ガラス割りまくるチャン・ドンゴンは「一人尾崎豊状態」だし、
無駄に喫煙シーンが多いし。

日本人における「ツッパリ映画」は今見るとコメディで、
と同時に懐かしく、娯楽性が強い。

「チング」は少年時代&ツッパリ&ヤクザのしのぎ&抗争を絡めてしまったから
後半は時間不足になっている。

続きを読む

南北分断の象徴である38度線上の共同警備区域(JSA)で起こった射殺事件。
生き残った南北の兵士たちは何故か互いに全く異なる陳述を繰り返した。
両国家の合意のもと、中立国監督委員会は責任捜査官として女性将校・ソフィーを派遣。
彼女は事件の当事者たちと面会を重ねながら徐々に事件の真相に迫っていく。
そこには全く予想外の「真実」が隠されていた……。

銃撃シーンから始まり、
回想なのか、想像なのか、冒頭の展開は非常にわかりにくい。
続きを読む

DVDに「音声解説」というコンテンツがありました。

最近の映画には、俳優へのインタビュー映像や
写真ギャラリーがオマケとしてついている場合が多いです。
時間は長くても30分位が一般的。

しかし「ロスト・メモリーズ」の音声解説はなんと2時間もありました。

本編の映像をバックに、
チャン・ドンゴンと、イ・シミョン監督と音楽担当のイ・ドンジュンの3人が
対談形式で解説をしています。

映画音楽はクラシックを基調としていて、
ラテン語のコーラスが美しく、激動の時代をうまく象徴していました。
コーラス抜きのオーケストラ演奏の部分もあり、
ストーリーの稚拙さを、この音楽家が補っている、
といっても過言ではないような気がします。。

しかし、この対談はつまらねーつまらねー。
銃がたくさん出て来る映画ですが、銃の型式とか、どこから輸入したかとか、
銃オタクかと思われる監督の自己満足と日本に対する愚痴。

日本は撮影許可が撮れない場所が多く、映画制作者にとって劣悪な場所とか、
銃を構える時、チャン・ドンゴンに瞬きを制限させたとか、
この映画はアップのシーンが多いのですが、
ドンゴンちゃん、目を見開きすぎてウルウル涙目ですよ。かわいそうに。
本人も「他の俳優は瞬きしてましたよ」と反論してました。

ドンゴンが血を流して歩くシーンは、新宿で隠れて撮影したそうです。
それを見て誰も叫ぶ日本人は一人もいなかったそうで、不思議がっていました。続きを読む

制作:日本と韓国
出演:仲村トオル、チャン・ドンゴン、 大門正明

伊藤博文が暗殺されず、日本の朝鮮半島統治が続いていたら・・・?
という「もしもシリーズ」。

朝鮮系の捜査官坂本マサユキ役チャン・ドンゴン・・・。
どうしてもV6のオジさ、じゃなかったお兄さんしか思い浮かばないのですが。

本編はほとんど日本語なので字幕なしで見れます。
海から上がってきて「あなたがー、好きだっから!」のあの人は、
日本語の台詞、大丈夫なんでしょうか。心配です。

事件の現場に仲村トオルと登場する坂本の初台詞は
「状況はドデスカ」
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!カタコト!やっぱりや。
続きを読む

日本テレビ系土曜ドラマでTOKIOの長瀬君が主演していましたが
彼が出るドラマに、だいたいはずれはないですね。

同じタイトルのDVDがあったので見てみたら、韓国の作品でした。
日本がリメイクしたのね。意外です。

「頭悪いやくざの息子」が、どーも中途半端です。
高校に再入学するも、同級生にいじめられてしまう。
やくざの息子であることを隠さなければいけないので、殴られてもやられっぱなし・・・
と言いたいところだが、
「バカゆえに、言い返す事もできない」ようにしか見えません。
陰湿な感じではないんですけど。
殴られたあげく、やっと言い返したと思ったら

「チング・・・(友よ)、仲良くしよう」

「お前はチャン・ドンゴンか!」っていうセリフを言わせるための長い前フリ。
映画「チング」を知らない人には笑えないでしょ。知ってるけど別に、って感じ。
しかもチングではチャン・ドンゴンは主役じゃないし、友人を裏切る役。続きを読む

ビデオ屋に行けばいつまでも「人気作品」のコーナーにあるし、
インパクトのある長いタイトルだし、
ぜひ見よう!と思っていたのですが、
お話自体はあまり泣けなかったのです私。

ソン・イェジンかわいい〜。
お人形さんみたいな顔に、スラリとした長い手足。

純愛物語なのですが、
なぜ、育ちの良さそうなお嬢様が無精髭の土方の兄ちゃんと恋に落ちたのか、
なんだか納得いきません。
展開が強引じゃない?

続きを読む

なにもわからない素人に、やすやすと手を出す親分、
アンタが一番アマーーイ!
あの若い愛人は、外で言ってはいけない事をペラペラとしゃべりますぜ。
きっと。

“おとーさん(親分)は心配性”なので
愛人が浮気をしていないか、有能な部下(ビョンホン)に監視をさせ、
「浮気をしていたらお前がカタをつけろ」と命令します。
そして部下は浮気を見逃してしまいます。
どうやら親分の女に恋してしまった模様。
そしてリンチ攻撃を受けます。
親分は、愛人は「処分しろ」と言った割には、
命令に従わなかった部下は、一息に殺さずネチネチいじめます。

「愛人と浮気相手を処分するのをためらった」という一瞬の判断ミスが
人生を狂わせる・・・、といったストーリーなのですが、続きを読む

この映画は「戦争物」とか「姉弟愛の物語」とか、
カテゴリー分けするのが非常に難しいです。
どんな映画?と聞かれて、答えに困ってしまいました。
登場人物は少ないながらも、次から次に事件が起こりすぎです。姉さん。
キャッチコピーは「その深き愛と哀しみに世界が泣く」と書いてありまして、
泣きのツボは生き別れになった姉弟の再会シーンだと思うのですが、
続きを読む

何がすごいって、タイトルがすごいですよ。
なぜ現在進行形?

前半。
純情大学生でボッチャン刈りのビョンホンがあまりにもダサすぎて、
ツボにはまってしまいました。
番外編「俳優へのインタービュー」で本人が、
「かつらじゃありません」と言ってたんですが、変なヘアスタイル。
でも、この系統、意外と好きかも。

奥手すぎて何も出来ないビョンホン。
そのアプローチ方法が斬新(!)。
いきなりかけよって靴ひもを結んであげたりとか、
僕はあなたに魔法をかけました、とか。
理解のない女性だったら「キモイ!」と言われかねないです。

雨のシーンが多いのですが、
ずぶ濡れになって、おでこに前髪がチョロチョロ〜と張り付いてる姿が
これまた格好悪すぎ。
続きを読む

↑このページのトップヘ