おうになった
”王と瓜二つだったために、
毒殺の危機に怯える王・光海(クァンヘ)の
影武者をつとめる。”

やっぱり安定のイ・ビョンホン。
二役を見事に演じ分けてるのはもちろん、
序盤のコミカルさがおもしろい。

王様のふりをするため猛特訓を受けるが
家臣の前で王命を読み上げるため、
事前に練習させると
さらっと読んでしまい
「漫談かよ」と怒られる。

あー、あの韓国ドラマおなじみの
「王命である!」は
あの威厳のある声のトーンと
セットでこそ「王命」なのだ。
王様のう◯この臭いを女官がかぐとか
王様も大変だ 。出るもんも出ないわそりゃ。

身代わりとして王様の芝居を続けるうちに
王として何をすべきかを気づき、
次第に変わっていく様子が
とても良かった。

コミカルや勧善懲悪だけでなく、悲劇もあった。
女官が悲しすぎた。

暴君と言われた光海君が出てくる
韓国ドラマはたくさんあるけど
宮廷女官キム尚宮とか。イ・ヨンエ主演)
「王になった男」はちょっと新鮮だった。
ハン・ヒョジュがお妃役で
トンイ〜〜!って言っちゃったよ。
ハン・ヒョジュ本当にかわいいのよ。

ひたすらどんよりする
韓国ドラマも結構あるけれど、
すっきりするストーリーで
時間もちょうど良かった。