フレンチ・ラン。
これはタイトルが失敗してるパターンだな。

フランスを走るって、
まんますぎる。

”CIAのアウトロー×天才スリ。
はみ出し者コンビが凶悪テロ組織に挑む!”

天才スリが垂れ目でなんか憎めない。
(リチャード・マッデン)
こんなかわいいスリがいていいのか。

あとゾーエかわいい。
(シャルロット・ルボン)

ただのスリが
あれよあれよと大事件に巻き込まれて
CIAに協力させされるという話ですが
息もつかせないテンポで
ストーリーが進んで行きます。

アクションあり陰謀あり拉致あり
盛り上がり要素てんこもり。

一番怖かったのは、
どさくさにまぎれて
暴徒と化したパリ市民だな。