生まれながらの天才だが裕福とは言えない暮らしをし、
大学の清掃員をしているウィル・ハンティング(マット・デイモン)が
心理学者(ロビン・ウィリアムズ)と出会ってから心を開くまでのお話。

ウィルが頭脳明晰さを武器にして、
ヘッドハンティングされるサクセスストーリーではありません。

一度見た本はすぐ暗記するし、
秀才のガールフレンド(大学生)の宿題をチラ見しただけで
問題を暗記して、解答を書いてきちゃうけど
ガールフレンドは
「勉強は自分で解かないと意味がないのよ」。
まさしく。
楽して得しようとしている人が出てこないので
見ていて気持ちが良い。

ウィルの友人役に
ベン・アフレック
ケーシー・アフレック
とあともう一人(印象うすっ)

アフレック兄弟が若い!
ケーシー・アフレックが、ただのノーテンキ少年で可愛い。


ウィルは頭が良すぎるので
難しい本の一節をスラスラ暗唱して、
気に入らん相手を打ち負かすのが得意なのだが、
だいぶ屈折してる。 
めんどくさい子だ。
家庭環境が複雑という設定だからだ。

ロビン・ウィリアムスに
「オリバー・ツイストを読んだから君の事はなんでもわかる、と言ったら
君は納得するかね?」 
こう言われた時、ぐうの音も出なかった。

オリバー・ツイスト
(貧しく劣悪な孤児院で育つ少年の物語)
の映画を見てて初めて役にたったー。 

どんなに能力が優れていても
これからどんな人生を歩む事ができるか?
どんな仕事につけるか?
物事の善悪とは?
学校や大人が適切なタイミングで教えてあげなければ
その頭脳はないのと一緒だなと痛感した。

屈折してから自分の人生の道を見つけ出すまでの流れも
すごく良かった。 
マットデイモンの倉庫のような家とか
やぶれTシャツとか、
ボロ車で迎えに来て
ジュースだけおごってくれるベンアフレックとか
細かいところだけど一つ一つ意味があった。