17年前に父を亡くし、無職のままロンドンで母と暮らすエグジー。彼の前に現れたハリーは、普段は高級テイラー「キングスマン」の仕立て職人、だが裏の顔は秘密裏に活動する国際諜報機関のスパイだった。ハリーは、エグジーをキングスマンの新人候補としてスカウトする。 
スパイ養成所での試験がいちいちスケールがでかかったり
子犬を育てる訓練(?)でパグが可愛かったり、
サミュエル・L・ジャクソンの服がチャラすぎておかしかったり
いろいろてんこもり。

表向きは高級テイラーなので、
着ているスーツが、ピシーッとしてて、
かっこいいですね。
防弾カサとか、ナイフが飛び出る靴とか、
おもちゃみたいなスパイ道具もワクワクします。

冒頭の「Manner,make,man」 (マナーが紳士を作る?)
鍵かけガチャガチャ、グラスぶん投げる、あれやりたいよね!
エグジー役のタロン・エジャトンかわいいね。
針付き義足の美女ソフィア・ブテラの動きがキレッキレで
かっこいい。 さすがダンサーです。
(ザ・マミーでも動きまくるミイラ役で有名。筋肉質で健康的なミイラ。)



 
悪の親玉が、無料通話、無料インターネットのSIMを配り、
そのSIM入り携帯電話を使った人たちは、
起爆スイッチが入ると凶暴になるという、
めちゃくちゃな展開なんだけど、
タダより怖い物はないですよぉ〜、っていう強烈な風刺?

殺し合いのシーンでは、軽やかな音楽に乗って
人が死にすぎなんですけど〜。

携帯だけでなく、
首にもチップを埋め込まれた人たちは
起爆スイッチが入るとカラフルな煙を出しながら
頭ぶっとんじゃうんだけど(首から花火も上がる)
こんな美しい爆破シーン、今まであったでしょうか。
誰も苦しんでないから、ま、いっか〜、ってなっちゃうな。 

コメディ、アクション、家族愛、人種差別、
全部盛りです。
はちゃめちゃな展開なのに、
登場人物の精神状態がいたって正常で、
おさえるところはちゃんとおさえてて
最後まで笑える映画です。