ちょうのねむり

作家(中山美穂)が、居酒屋に万年筆を忘れて、その店で出会った韓国人留学生チャネ(キム・ジェウク)との交流を描いたドラマ。

綺麗な中年になった中山美穂を見たい人におすすめです。

私の頭の中の消しゴム
ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女

もぜひ観てください。
なんか混ざっちゃった〜?ワンパタ〜?って気分になりながら比較するのが面白いです。

韓国映画いっぱい見てるけど、チャネが変な名前すぎる。
ちゃね君ねえ…。

中山美穂の大袈裟な芝居を見てると、喋り方が不自然で、うーん。
ミポリンファンではない人は、時々早送りをしながら観ましょう。 

冒頭、ハイヒールでカツカツ歩いて行く後ろ姿のシーン。
大人のイイ女感出したつもりが全然そうは見えず、歩き方がダサかった。

女性作家(中山美穂)は、留学生チャネに犬の散歩や本棚の整理をさせ、日払いでバイト代を渡す。
彼が作家宅に通ううちに二人は親密になる。



Amazonプライム「蝶の眠り」
 
↓ネタバレ↓

本を色別に並べ、本棚を1枚の絵画のようにレイアウトしていくシーンがあった。
見た目がきれいなだけで、読みたい本が探せないのは不便ではないか?
本好きの人はそんなことをして喜ぶだろうか? 

なついていた飼い犬が、逃げて帰ってこないのは、犬の習性を無視しすぎでは?
大型犬がうろついていたら近所で目立つ。

犬が居なくなって、女性作家はパニックになる。
「一人にしないで!」と、留学生に抱きつく。

認知症の表現が「めんどくさいちゃん」になってしまって、なかなか感情移入できなかった。
 
半同棲になったあと、女性作家はアルツハイマーを発症し、一方的に彼に別れを告げ、施設に入る。

施設に入ったあとは、字も書けない、歩けない、話せないという、いきなり末期症状になるが、
それでも「大女優ミポリン」のファッショナブルな着こなし。

数年後、作家になったチャネが会いにきたとき、彼女はもう何も思い出せない状況になっている。
美しい森林で再会し、最後はきれいにまとまっています。

が!感動はしなかったです。

ラブシーンのためだけに犬を行方不明にし、感動的な再会をするために主役をアルツハイマーにし、話の展開が強引、と視聴者に感じさせてしまうのが残念。
全体的に安っぽい。

居酒屋の店長がおもしろかったり、日本人学生アンナとチャネの「発音ヘンだよ」「そんなことないよ」みたいな、どうでもいい会話が意外と良い。
中山美穂と絡まないシーンの方が、安心して観ることができる。

キム・ジェウクは、子供時代に日本に住んでいたこともあり、日本語が堪能。
うるさい系の韓国のおばちゃんは、話す時にクセがあって抑揚が激しいが、 韓国語を話す人の多くは抑揚が少ない。
キム・ジェウクは話し方にクセがない。
日本語でも淡々と話していて、それがとても自然だった。
たまにボソボソした声が聞き取れないときはあった。

まあ、誰も死なないし、一応ハッピーエンドだし、ショッキングなシーンもないし、暇つぶしとして観るならちょうどいい感じです。