ジャケットの写真がかっこいいのですが、
タイトルがどうにもださすぎて・・・。
どうしようかと思うくらい観る気がしないタイトル。
韓国ドラマ(映画)はタイトルが変なのが多いのは昔っからですけどね。
チャンドンゴン演じる殺し屋が、
怪しい店に潜み怪しい取引をしているターゲットを狙っていた際、
手違いで小さな子供を殺してしまう。
なんでそんなところに子供連れてくる?
それを悔いた「泣く男」なんでしょうけど、
子を失って泣いていたのはその子の母。
チャンドンゴンは、その女性を守るため全力で奮闘します。
韓国お得意の銃撃や派手な爆破、血まみれシーンを、
普通の住宅街の団地でやってしまう。
しかし住民がほとんど出てこない。
警備員無能とか、謎な展開もあるけれど、
狭いところでのアクションシーンとか
ドキドキハラハラしますね。
気持ちいいくらいめちゃくちゃ強い。
アクション映画が好きな人にはたまらない映画。