やっぱりおもしろかった!海外ドラマ・映画三昧な日々

映画・ドラマ等のレビューがメインです。ややネタばれがあります。
人気作からマイナーな物まで幅広く取り上げようと思います。空に太陽を心にミーハーを!

カテゴリ:韓国映画 > 韓国映画ラ行



『日本統治下の大韓帝国。初代皇帝・高宗(ペク・ユンシク)の娘に生まれた徳恵翁主(ソン・イェジン)は、政略に巻き込まれ、13歳で日本へ留学。
祖国に帰れる日を待ちわびながら月日は流れ、大人となった彼女の前に、幼なじみのキム・ジャンハン(パク・ヘイル)が姿を現す。日本軍に従事する一方、秘かに朝鮮独立運動に尽力し、王朝復興のため徳恵翁主と皇太子である兄王を上海へ亡命させようと...』

実在の皇女、徳恵翁主を主人公として、フィクションを交えながら映画化したものです。
歴史上の人物や、実際の事件をモチーフにしたフィクションは韓国エンタメ界の王道。

亡命しようとしたという事実はウィキペディアには載っていません。
反日描写がひどいですが、ところどころ史実に沿っています。
母の死後、統合失調症を発し、のちに日本人と結婚します。
韓国側は「強制的に単身で日本に留学させられた上、醜い日本人と無理やり結婚させられ」と主張していますが、結婚相手の旧対馬藩主・宗家の当主、伯爵宗武志をググったら、高身長の超イケメン!
映画ではキム・ジェウクが演じています。日本人俳優でも良かったと思うけど、ルックスは実物に近いかも。
キム・ジェウクは日本に住んでいたこともあり、
「あなたが日本人である私との結婚を拒んでいたことは承知していました。でもあなたは私の妻です。あなたの幸せのために最善を尽くします」
と自然な日本語を話します。




↓ネタバレ↓続きを読む

DVDに「音声解説」というコンテンツがありました。

最近の映画には、俳優へのインタビュー映像や
写真ギャラリーがオマケとしてついている場合が多いです。
時間は長くても30分位が一般的。

しかし「ロスト・メモリーズ」の音声解説はなんと2時間もありました。

本編の映像をバックに、
チャン・ドンゴンと、イ・シミョン監督と音楽担当のイ・ドンジュンの3人が
対談形式で解説をしています。

映画音楽はクラシックを基調としていて、
ラテン語のコーラスが美しく、激動の時代をうまく象徴していました。
コーラス抜きのオーケストラ演奏の部分もあり、
ストーリーの稚拙さを、この音楽家が補っている、
といっても過言ではないような気がします。。

しかし、この対談はつまらねーつまらねー。
銃がたくさん出て来る映画ですが、銃の型式とか、どこから輸入したかとか、
銃オタクかと思われる監督の自己満足と日本に対する愚痴。

日本は撮影許可が撮れない場所が多く、映画制作者にとって劣悪な場所とか、
銃を構える時、チャン・ドンゴンに瞬きを制限させたとか、
この映画はアップのシーンが多いのですが、
ドンゴンちゃん、目を見開きすぎてウルウル涙目ですよ。かわいそうに。
本人も「他の俳優は瞬きしてましたよ」と反論してました。

ドンゴンが血を流して歩くシーンは、新宿で隠れて撮影したそうです。
それを見て誰も叫ぶ日本人は一人もいなかったそうで、不思議がっていました。続きを読む

制作:日本と韓国
出演:仲村トオル、チャン・ドンゴン、 大門正明

伊藤博文が暗殺されず、日本の朝鮮半島統治が続いていたら・・・?
という「もしもシリーズ」。

朝鮮系の捜査官坂本マサユキ役チャン・ドンゴン・・・。
どうしてもV6のオジさ、じゃなかったお兄さんしか思い浮かばないのですが。

本編はほとんど日本語なので字幕なしで見れます。
海から上がってきて「あなたがー、好きだっから!」のあの人は、
日本語の台詞、大丈夫なんでしょうか。心配です。

事件の現場に仲村トオルと登場する坂本の初台詞は
「状況はドデスカ」
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!カタコト!やっぱりや。
続きを読む

↑このページのトップヘ