やっぱりおもしろかった!海外ドラマ・映画三昧な日々

映画・ドラマ等のレビューがメインです。ややネタばれがあります。
人気作からマイナーな物まで幅広く取り上げようと思います。空に太陽を心にミーハーを!

カテゴリ:洋画 > 洋画ア行

イコライザ

“昼はタクシードライバーとしてボストンの街に溶け込み、夜は冷静残虐に悪人を始末していく。CIA時代の上官スーザンが何者かに惨殺。怒りに震えるマッコールは極秘捜査を開始。”

一人で現場に乗り込んで、言葉少なに相手が大人数でも19秒でボコる。
デンゼル・ワシントンつええええ!

アメリカ版必殺仕事人といった感じでしょうか。
被害者がアダ討ちを頼みにくるのではなくて、マッコールの良心にもとづいて勝手にお仕置きすることも。

ある日マッコールは、自分が住むアパートの落書きをせっせと拭いています。

通りかかった少年マイルスが

「そんなの大家や塗装業者にたのめば?」と言うと

「『誰かがやるはず』と『やる』は違う」
「誰でもできるが誰もやらない」 


と答えます。
正義を振りかざしてヒーローを気取るのではなく、やるべきことをやる。それが漢である。

イコライザー1のほうが良いと聞いていたのですが「 イコライザー2」かなり良いです。

さきほどの少年、美術の勉強をしているのですが、汚れた壁に新たに絵を描き、マッコールの部屋の壁を塗る約束をします。
見た目チャラいけど、ちゃんとお金を請求します。
マッコールも適正価格を考えながら、時間を決めて彼に仕事を任せる。
若いから、とタダ働きさせたりしない。
どんな仕事にも報酬が発生するという当たり前のことが、
日本のドラマではあまり重要視されません。

朝ドラ「スカーレット」では見習いの主人公の女の子は、
1ヶ月働いても封筒にお札が1枚。
昔はこうだったけど今は違う、とわかっていても
わざわざそんなシチュエーションを入れるあたり、
まだ日本は、雇用者が強さを誇示していることを
サブリミナル効果のように、ブチこんできます。
 
最近のアメリカ映画ではあからさまな人種差別シーンはない。
メディアで「当たり前のことを当たり前」に扱うのって、
意識の刷り込みとして、
これからの時代に重要な意味を持ってくるのではないかな。


続きを読む

アメリカのUFOスポット巡りの旅に出たSFオタクのグレアムとクライブは、
ひょんなことから生意気な宇宙人・ポール(声:セス・ローゲン)と遭遇し、
彼を故郷の星へと返す手助けをすることに。
こうして始まった銀河を股にかけた3人の珍道中... ジャケ写から想像もつかない面白さだった。

アメリカの映画によく出てくる「コミコン」(漫画のイベント)に
出かけるSFオタクの2人の男性。
特にイケメンというほどでもないふつ〜〜のイギリス人。
(サイモン・ペッグ)(ニック・フロスト)
40代と思われるけど、仲良くて本当に楽しそう。
こんな友情いいよな〜。

おバカ映画と思ったら
ストーリーがしっかりしてて、
道中出会う人も変な人で、でも普通にいそうな感じ。

中身がおじさんみたいな宇宙人って誰でも考えそうな設定、
スベリがちだけど、意外と違和感がない。

宇宙人が「Xファイルのモルダー捜査官は俺が考えた」とか
スピルバーグに電話でアドバイスしたり、
意外と有能(?)な面も。

悪の親玉があの女性とは、ワクワクするね。

グダグダにならないので、
最後まで観るとスカッと爽快な気分になります。

ジャケ写の保安官のポーズ、ださっwと思ってたら
やっぱりオバカムービーだった。
リックのモノマネで 「カール!カール!」ってやたら叫ぶんだけど
そもそも息子の名前がカールじゃない。
ややこしいな。 

病院で昏睡状態で、目覚める有名なあのシーンで、
なぜかお尻丸出しとか、
twitterは生きているかとか、Tumblrはどうだ?Linkdinはどうだ?
あれはもともとユーザーがいないとか、 
しょーもないトークが5秒に1度(?)出てきて
大爆笑じゃないけど、まあまあ笑える。 

後半、グダグダになっていきます。

本家ウォーキング・デッドもシーズン7あたりから
終わらせ方がわからなくなってる感じなので
あっちが特段素晴らしいかといえば
何ともいえない...。

でも低コストでよく頑張った!
金返せ!とまでは思わないかな?
ラストを期待しなければ気楽に楽しめる映画です。

アバターをDVDで見ました。

あらすじ/22世紀、人類は地球から遠く離れたパンドラで<アバター計画>に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体<アバター>を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、<アバター>を得て体の自由を取り戻す……。

字幕で見たんですが、ナヴィが「ナウイ」に見えて、
な、なうい?いつの時代?と思ったり、
先住民と難なく分かり合えたり、
三つ編みの先っちょを馬(?)とつないで分かり合ったり、
「なんじゃこりゃ!」と変な所でウケてしまった。

眉間が高くて目が丸いけどこれは猫なの?
でも体はどうもトカゲっぽい。
森の中に集合した先住民、人数多すぎない?
多すぎて時々気持ち悪いんですけど。
映画が美しすぎて鬱になる人がいたとか、え?って感じ。
空をぐるんぐるん飛んでる映像とか確かに綺麗だけど
あれ、人によってはモニタ酔いしないかな。
ゲームしないけど、テレビゲームを見てるみたい。
原住民は布きれだけでほとんど裸なのにえろくない。
そこは感心したなー。以下ネタバレ。続きを読む

色気だけが取り柄で、学歴も仕事もないグータラ妹
(マギー=キャメロン・ディアス)と、
弁護士として活躍するが、見た目がさえない姉
(ローズ=トニー・コレット)。

マギーのだらしなさぶりが笑えます。
姉に借りた靴を壊してしまっても、ちっとも反省しない、
見知らぬ男に酒をおごってもらい危険な目に合う、
自分のナイスバディがなんでも解決すると思っているマギー。
テレビ局のオーディションを受け、イイ線までいったものの
頭悪すぎて原稿が読めず失格。

今更だけどキャメロン・ディアスはマジで足が長い!
まるでバービー人形だね。
この映画では彼女のファッションも楽しめます。

姉役のトニー・コレットは役作りのため太ったそうです。
ブヨブヨの激太りじゃなくて、
どこにでもいそうな普通のオバサン体型に。
姉妹のドタバタストーリーかと思ったら、
マギーが姉の彼氏に手を出したあたりから一変・・・・

続きを読む

19世紀ロンドン、孤児として育ち、無垢な心を持つ美しいやせっぽちの少年・・・。
内容紹介を読んだだけでもう涙、涙の感動物語だろう、という気がしました。
オリバー少年の哀しげな表情がすごくいいです。
劇場で「私が里親に!」と手を上げたいくらいでした。

子供が見ても大丈夫度★★★★★
映像の美しさ度   ★★★★★
ハラハラドキドキ度 ★★★★
お色気度×続きを読む

↑このページのトップヘ