やっぱりおもしろかった!海外ドラマ・映画三昧な日々

映画・ドラマ等のレビューがメインです。ややネタばれがあります。
人気作からマイナーな物まで幅広く取り上げようと思います。空に太陽を心にミーハーを!

カテゴリ:洋画 > 洋画カ行



17年前に父を亡くし、無職のままロンドンで母と暮らすエグジー。彼の前に現れたハリーは、普段は高級テイラー「キングスマン」の仕立て職人、だが裏の顔は秘密裏に活動する国際諜報機関のスパイだった。ハリーは、エグジーをキングスマンの新人候補としてスカウトする。 
スパイ養成所での試験がいちいちスケールがでかかったり
子犬を育てる訓練(?)でパグが可愛かったり、
サミュエル・L・ジャクソンの服がチャラすぎておかしかったり
いろいろてんこもり。

表向きは高級テイラーなので、
着ているスーツが、ピシーッとしてて、
かっこいいですね。
防弾カサとか、ナイフが飛び出る靴とか、
おもちゃみたいなスパイ道具もワクワクします。

冒頭の「Manner,make,man」 (マナーが紳士を作る?)
鍵かけガチャガチャ、グラスぶん投げる、あれやりたいよね!
エグジー役のタロン・エジャトンかわいいね。
針付き義足の美女ソフィア・ブテラの動きがキレッキレで
かっこいい。 さすがダンサーです。
(ザ・マミーでも動きまくるミイラ役で有名。筋肉質で健康的なミイラ。)



 
続きを読む

生まれながらの天才だが裕福とは言えない暮らしをし、
大学の清掃員をしているウィル・ハンティング(マット・デイモン)が
心理学者(ロビン・ウィリアムズ)と出会ってから心を開くまでのお話。

ウィルが頭脳明晰さを武器にして、
ヘッドハンティングされるサクセスストーリーではありません。

一度見た本はすぐ暗記するし、
秀才のガールフレンド(大学生)の宿題をチラ見しただけで
問題を暗記して、解答を書いてきちゃうけど
ガールフレンドは
「勉強は自分で解かないと意味がないのよ」。
まさしく。
楽して得しようとしている人が出てこないので
見ていて気持ちが良い。

ウィルの友人役に
ベン・アフレック
ケーシー・アフレック
とあともう一人(印象うすっ)

アフレック兄弟が若い!
ケーシー・アフレックが、ただのノーテンキ少年で可愛い。


続きを読む

元妻殺しの容疑をかけられた男が
汚名を晴らすため、
娘を守るため、
立ち上がる。

元妻とも普通に交流があった男ブライアンは、
元妻からの「ベーグル買ってきて」というメールを見て
ホカホカのベーグルを買って戻ると
元妻が死んでいた。
そこに警察が突入して囲まれてるが、振り切って銃を奪って逃走。
そしてまた捕まるんだけど 
護送中のパトカーの刑事をボコって
めちゃくちゃなカーチェイスをし、
首ムチウチにならず、爆発しても無傷で逃走。
やたらタフなおじさんといえば
リーアム・ニーソン。
これで60代か!
相手が何人でも絶対勝つ。

何があっても全然ピンチにならないので、
観てて非常に安心感。

爆破好きにはたまらない映画。 

娘役のキムは、
テレビドラマのLOSTに出てました。
・非協力
・遭難してるのに危機感0
・自分勝手
と三拍子そろったシャノンちゃん(マギー・グレース) 

今回、リーアム・ニーソンの娘ということで
なかなかの知能と行動力。 

しかし。
こんな図体のでかいおじさん、
遺体安置所や娘の学校や
いろんなところに忍び込むけど
いや、目立つでしょ。

酒屋で大乱闘、
カウンターのギャルも悲鳴ひとつあげず通報しない。 

離陸しようとする飛行機にポルシェで突っ込むも無傷。
パイロット大丈夫?
 
そういう矛盾は置いといて、
ただただ強いリーアム・ニーソンを楽しめば良い。 

グッドライ
”スーダンで家族を殺された子供達が、
安全な地を目指してひたすら歩き、キャンプにたどり着く。
そこで13年過ごし、大人になった彼らはアメリカ行きの切符を運良く手にする。”


広大な草原で、どう猛な動物や、兵士から身を隠しながら歩き続ける。
手ぶらで、裸足で宿も食料も無しで旅するって、どれだけ不安だろう。
先頭に歩いてた子達が兵士に撃たれ、川をぷかぷか流れてきたのを見て
慌てて経路を変えたり、もう生きてるだけで奇跡みたいな状況。 
命を落とした子の遺体の前では、たどたどしい英語で聖書の一節を読む等、
極限状態でも人間らしさを大切にする。
道中足を怪我して立ち上がれない人に出会った時は、
「これ食べて」 とわずかな木の実を渡す。
あと何日生きられるか分からない人にも慈悲の心を忘れない。
血が繋がっていなくても、苦労を分かちあった仲間を家族と呼び、
ひたすら前進。

命からがらキャンプにたどり着き、施しを受けながら
そこでボランティアをし、13年。
やがて医師になりたいと夢を抱く。
13年って。
日本なら小学校に上がって高校卒業し、進路を決める頃だが、
彼らはまだ学校にすら行けてない。
始めるには遅すぎるとか、環境が悪いからやらないとか、
快適な部屋でブツブツ言ってる人のなんと多いことか。


続きを読む

タイトルにグレートとかつくと戦争物か軍隊?と思ってたら
万里の長城かよ!とずっこけた。
敵は人ではなく、巨大なトカゲみたいな怪物(トウテツ)の集団。
女戦士が城の上から槍持ってバンジージャンプして戦うとか、
ロープの動きコントロールきくわけないじゃんよ...。
案の定トカゲに食われてるじゃんよ...。
よくわからない怪物はとりあえず目を狙え!
え?目は胴体よりの横についてるの?
よくまっすぐ走れるよね。
兵隊も、トウテツ(饕餮)もすきまなくびっしり押し寄せる様は迫力がある。
ただ兵隊の鎧がねー、薄いプラスチックって感じで
萎えた。

マット・デイモンいる?
マット・デイモンの無駄使いじゃない?

NHKでの「精霊の守り人」が好きだった人は確実にハマる。
やたらハイテクな武器、強い女、どこの国かわからない感じ。
中国ってわかってるんだけど、幻想的な映像の美しさに目をみはる。

「友を助けるか、金をとるか」で友を助けたり、
自分の体を犠牲にして死ぬ仲間とか出てくるんだけど、
感動できるシーンはほぼない。
ただ爆破や怪物のCGを楽しむ映画。

囚われた西洋人(マット・デイモン)が
女戦士といちゃいちゃしなくて良かった。

悪魔と天使が出てきて、キアヌ・リーブスは悪魔祓いをする超能力者。
ドロドロ顏崩れキャラは出てくるし、
悪魔に取り付かれた少女は顏が気持ち悪いしで、
最初は、夜中見るにはヘビィだな、失敗した、と思ったけど、
慣れてくると「ああ、これはファンタジー映画なんだな」と気づきます。

これを日本人がやったらアニメ(悪魔くん?)っぽくなるんでしょうね。。
正義の味方キアヌが病気持ちでニヒルで、ハツラツとしてないのがイイ。

とにかくCGを使いまくったアクションシーンが
アメリカらしい映画です。

心臓に悪い度  ★★★★★
グロテスク度  ★★★★
コメディ度   ★★★
タバコ吸い過ぎ度★★★★★
お色気度 ×
続きを読む

↑このページのトップヘ