やっぱりおもしろかった!海外ドラマ・映画三昧な日々

映画・ドラマ等のレビューがメインです。ややネタばれがあります。
人気作からマイナーな物まで幅広く取り上げようと思います。空に太陽を心にミーハーを!

カテゴリ:洋画 > 洋画サ行

515nOcGag1L._SL160_


人気ドラマの
ウォーキングデッドを観たからには、
他のゾンビドラマも観なければ、と
謎の使命感から視聴。

ざっくりまとめると、
ゾンビとチアガールと、
ミュージカルとアメフト。
さて、どこから突っ込むべきか...。

暴力表現や、流血シーンがないので、
小さなお子様も一緒に観れます。

しかし、
ゾンビの人権が無視され、扱いがひどい。(ゾン権?)
可哀想すぎて、
変なところで涙が出そう。

人間の女の子が、
周りの人と髪色が違うという理由で
必死で髪を隠す。
多人種が暮らすアメリカらしくない設定なー。

学園物と見せかけて、
すごく差別に満ちた映画です。 
人と違ってていいんだよ、という
クソ当たり前なテーマを
まわりくどく表現したら
こうなっちゃったんかな。

いちいちカメラ目線で説明が入ったり、
いきなり歌い出したりするので、なんだか落ち着かない。

でも曲はノリノリで、耳に残るフレーズ。
生の舞台なら楽しめたのかな? 

最強のふたり (字幕版)
映画を見る時、私はちゃんと説明を読まないことがある。
車椅子に乗ってるのがシルベスタ・スタローンで、
それで「最強」って、 「バカバカしい映画なんだろうな...」と
勝手に思って長いことスルーこいてた。
すみません。全然違いました。 

"事故で全身麻痺となり、車いす生活を送る富豪のフィリップと、
図らずして介護役に抜擢されたスラム出身の黒人青年ドリス。"

この黒人青年が陽気でふざけてて、ちょい乱暴。

クラシックと退屈なポエムを愛するフィリップと
ダンスミュージックが好きなドリスが対照的。
Earth, Wind & Fire でテンション上がります。
曲に合わせて歌うドリス、ちょい音痴?で面白いです。
ダンスはカッコいい。

首から下が麻痺している人の足に熱湯をたらして
「うわ〜マジかよ〜」って遊んでみたり、
チョコをくれと言われたら
「健常者用だからあげない」と意地悪をしてみたり、
下品だったり、ふざけすぎたり、
まあ、日本の障害者ドラマではありえない表現が満載。
でも、ちゃんと良心があって、
苦しんでいる人には寄り添い、
ルールを守らない人は頭つかんでガンガン壁に打ち付ける。
(↑これはやりすぎ) 

荷台に車椅子ごと積める実用的な車より、
かっこいいスポーツカーの助手席に無理してでも
フィリップを乗せるドリス。 

「人を荷物のように扱うべきではない」
彼はサラッと言っていましたが、
健康な私たちは、どちらかといえば
「車椅子ごと積む合理さ」を優先したい。
あまりにもサラッと言われて目からウロコが。 
続きを読む

”精神を病んだ犯罪者だけを収容し、四方八方を海に囲まれた
「閉ざされた島(シャッター アイランド)」から
一人の女が姿を消した。
島全体に漂う不穏な空気、何かを隠した怪し気な職員たち・・・”

レオナルド・ディカプリオを保安官だと思って観ていると
何かおかしい・・・。

以下ネタバレ含む
続きを読む

レンタルビデオ屋で、
店員がおすすめする映画には手書きのコメントを書いたメモが
貼付けてあったりするんですが、
マニアックなコメントがついている事がよくあります。

だいぶ前ですが、
「シャイン」が置いてある棚に
元祖のだめってそんだけ書いてありました。
元祖の駄目?変な日本語。

「のだめカンタービレ」
がテレビ化されるまで知りませんでした。
観てみたら「シャイン」と「のだめ」
全然つながってないじゃん!
ただクラシックが出てくる事以外は。


シャインは1人の男性ピアニストの
波瀾万丈な人生を描いた映画です。
ピアニストとしての苦悩より、
父子の確執や精神病の影が重くのしかかります。

一時はピアノをやめて廃人のようになり、
永いこと入院生活を送りますが
再び音楽を取り戻すシーンは感動的。
続きを読む

幼い頃に置屋に売られた千代が、花街で一番の芸者「さゆり」に成長するまでの物語。
少女が置屋に売られた直後から
急に英語になったので
どどどうなってるの?と戸惑いました。
置屋の「おかあさん」「お姐さん」「旦那」
だけは訳せないのか日本語でした。
考え方を変えると英語じゃないと
外国人観ないってことだから
日本の文化に紹介するにはいい機会だし、
まいっか。
ハッキリとしたカタカナ発音だけど、
まいっか。
この女の子、健気ですごいカワイイんです。


アメリカ人はアジア人が同じ顔に見えるのか、
日本人を演じているのはほとんど中国人。
英語が堪能な日本人俳優は
少ないんだなあ。


違和感ある度      ★★★
テーマがしっかりしてる度★★★★★
歴史の勉強になる度   ★★びみょー
映像の美しさ度     ★★★★★
主役の魅力度      ★★★★★
脇役の魅力度      ★★★★★
お色気度        ★★★

続きを読む

↑このページのトップヘ