やっぱりおもしろかった!海外ドラマ・映画三昧な日々

映画・ドラマ等のレビューがメインです。ややネタばれがあります。
人気作からマイナーな物まで幅広く取り上げようと思います。空に太陽を心にミーハーを!

カテゴリ:洋画 > 洋画タ行

chocolate_donuts_illust_3403
1979年、カリフォルニア。 ショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。 ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。 母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。 世界の片隅で3人は出会った。 そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。 しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。
 
ショーダンサーのルディの隣の部屋の隣から、大音量の音楽が流れる。
ルディが文句を言いに行くと
女性が出てきて
「関係ないでしょ。オカマ野郎!」と悪態をつく。
そして彼女は出かけた後、麻薬常習で逮捕され、家に帰ることはなかった。
一人残されたダウン症の息子(マルコ)。

施設に預けられたマルコは、脱走するが、
道がわからずフラフラ歩いていると偶然ルディに会う。
「家に帰る。ママのところに。」
ママのことは嫌いではないらしい。
ママはもう帰ってこないので家に連れて帰るルディ。

唐突に母性(父性?)が目覚め、
弁護士を強引に巻き込み、マルコの保護を思い立つ。
 
「出所までの間、マルコの面倒をみるので書類にサインを」

と拘置所の母に会いに行く。

母親は
「あの子は元気?」
「いくら払えばいいの?」
「タダで面倒見るの?」

と静かに答える。
児童施設よりも、隣のオカマ野郎に息子を託す。

母親は麻薬常習者ではあるけれど、マルコに愛情はあったと思う。
マルコが初めてルディの家に来た日、
「ドーナツ食べたい」と言って、パサパサのビスケット出されたときの、ゲンナリした表情。
ママのドーナツが大好きなんだよね。
買った物かもしれないけど。
14才の男の子になぜかお人形を与えてるけど、
親子関係は悪くなかったのではないか。

裁判で正式にルディとポールの家で保護されることになると、
素敵な部屋とおもちゃを用意され、マルコ嬉し泣き。
マルコは現状をすべて受け入れて生きている。
パーティーではディスコダンスを披露したり、
ハロウィンで面白仮装でごきげんだったり、
マルコのかわいい性格が全面に出ています。
ダウン症の特徴なのかもしれないけど、
基本的にはダダをこねたりしません。

↓ネタバレ↓

続きを読む

沈黙 -サイレンス-(字幕版)
“江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕らえられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。”

キャスト
アンドリュー・ガーフィールド
アダム・ドライバー
リーアム・ニーソン
窪塚洋介
イッセー尾形
 

なんと豪華な俳優陣。 
キャスト見ただけですごい。

冒頭。
キリシタンは激しい弾圧を受け、長崎で息を潜めて暮らしていた。
拷問を受ける宣教師たちを観て、愕然とするリーアム・ニーソン。
リーアム・ニーソンといえば
「めちゃくちゃ強いアクション俳優」のイメージなので、
その大柄な体格なら、小柄な大名10人くらい、ひとひねりやん?
静かに泣き崩れる宣教師。
めずらしくリーアム・ニーソンが暴れない映画です。 

宣教師に習ったということで、長崎の漁師たちが英語がペーラペラで、
お奉行様までも宣教師相手にペーラペラなのでそこは違和感アリだけど、
尺の都合上仕方ないのだろう。

踏み絵ができないキリシタンは激しく拷問を受けるが、
キリシタン窪塚洋介は違った。
家族を殺されるという気の毒な境遇ながらも、
生きるためには躊躇せず踏み、十字架にツバをはきかける。
この人だけ踏み絵の回数が格段に多い。
エイッと踏んで、ピューッと走って逃げて行く軽やかさ。
「あやつは踏み絵に慣れておる」
踏み絵ソムリエかよ?
やっぱりチャライのか窪塚は。
 
 続きを読む

”悪夢が反復するシチュエーション・ループ・スリラー”

最初は子供を死なせ、なに食わぬ顔でヨットハーバーに来た
疲れた女性(ジェス)と思っていたのだけど
怖さがじわじわ後から来る映画。

中盤までループしていることに気づかない作り。
ははーん、シャッターアイランドだな?
と思った。
観た順番が悪かった・・・

何度もループすることにより、自分が2人、3人存在し、
それぞれが別の行動をし、自分と殺しあう。
見ていてワケがわからなくなる。

口は半開き、不安げな表情、頼りなさげなタンクトップ女子が、
殺されそうになると銃を掴み、機敏に動き、
ヒールのあるサンダルで甲板を走り、ジャンプし、
急に身体能力がUPする。
ジェスの本来の性格はあまり描かれていない。
何か抱えている女性なんだな、としかわからない。

続きを読む

↑このページのトップヘ