やっぱりおもしろかった!海外ドラマ・映画三昧な日々

映画・ドラマ等のレビューがメインです。ややネタばれがあります。
人気作からマイナーな物まで幅広く取り上げようと思います。空に太陽を心にミーハーを!

カテゴリ:邦画 > 邦画タ行

ちょうのねむり

作家(中山美穂)が、居酒屋に万年筆を忘れて、その店で出会った韓国人留学生チャネ(キム・ジェウク)との交流を描いたドラマ。

綺麗な中年になった中山美穂を見たい人におすすめです。

私の頭の中の消しゴム
ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女

もぜひ観てください。
なんか混ざっちゃった〜?ワンパタ〜?って気分になりながら比較するのが面白いです。

韓国映画いっぱい見てるけど、チャネが変な名前すぎる。
ちゃね君ねえ…。

中山美穂の大袈裟な芝居を見てると、喋り方が不自然で、うーん。
ミポリンファンではない人は、時々早送りをしながら観ましょう。 

冒頭、ハイヒールでカツカツ歩いて行く後ろ姿のシーン。
大人のイイ女感出したつもりが全然そうは見えず、歩き方がダサかった。

女性作家(中山美穂)は、留学生チャネに犬の散歩や本棚の整理をさせ、日払いでバイト代を渡す。
彼が作家宅に通ううちに二人は親密になる。



Amazonプライム「蝶の眠り」
 
↓ネタバレ↓

続きを読む

70歳になったら姥捨山に捨てられ、
枯れ木をかじり、死人の服をはぎとり、
そこから30年生き延びた草笛光子様100歳。
パンチありすぎる。

倒れている女性は助けるが男性は放置。
老女だけの共同体を作り、村への復讐のため日々特訓。

ギャグですか?と言うには
高齢化社会真っ只中の現代と合わせてみるとテーマが重い。
70歳設定の浅丘ルリ子が「小娘」と呼ばれ
相変わらずマスカラバッチリで可愛すぎる。

70超の老女が、雪山で熊と対峙するって
ディカプリオ(レヴェナント)より
ハードル上がってるんですけど! 

絵面が暗いし、イケメンも美女も出ていないし
(ちゃんと綺麗な服を着れば美老女なんだけど)
強い婆さんが出てくる映画とか、攻めすぎじゃね?

高齢になったからといって諦めるな!という
エールも感じられ・・・なくもない。

どんな過酷な場所でも諦めなかった者は生きていける。
 

↑このページのトップヘ