やっぱりおもしろかった!海外ドラマ・映画三昧な日々

映画・ドラマ等のレビューがメインです。ややネタばれがあります。
人気作からマイナーな物まで幅広く取り上げようと思います。空に太陽を心にミーハーを!

タグ:イ・ビョンホン

blackfile
ジョシュ・デュアメル
アンソニー・ホプキンス
アル・パチーノ
イ・ビョンホン

説明
「予期せぬ展開の連続。
驚愕のラスト。
あなたは必ず騙される。」

どんでん返しがあることを最初に言っちゃ〜
だめじゃないか?

「製薬会社の不正を暴く弁護士と謎の美女」
とかでよかったんじゃないかな。

製薬会社社長の恋人金髪美女エミリーを
誘拐して殺したのは誰か?

1.弁護士ベンが元カノのエミリーに誘惑されるが 
妻にバレそうになって邪魔になって殺した説 

2.同僚のダグが実はスパイで罠にはめようとしている

3.社長がわがままなエミリーに愛想が尽きて殺した説

4.その他

私的にはダグが怪しいと思ってたけど、外れました。
普通にいいやつ。

ベンがエミリーの家に行くと彼女が薬瓶を握りしめて死んでる。
ベンは誘惑を断っていたはずなのに、家に行ったのはなぜ?
死人に呼び出されて行ったのか?
「し、死んでる!どうしよ〜!目閉じさせよう!」とかやってる時に
隣の女の子が遊びに来るのもタイミング良すぎない?
慌てすぎて、一旦閉じさせた目を、また開けるという
わけわからない行動。

後のシーンでは、エミリーの遺体はなぜか別の場所にある。
エミリーの部屋は確かに広かったけどこんな部屋あったっけ? 
話の流れが前後しすぎて、 ちょっと目を離すと
ワケがわからなくなります。

ハラハラしつつ「なんで?」「なんで?」と
ガヤガヤ言いながら観てました。

イ・ビョンホンのバックグラウンドが描かれていなかったが
たぶん観た人ほとんど同じ想像をしていると思う。
そこは省略しないで欲しかったな〜。
イ・ビョンホンは名前すらない「謎の男」。 
依頼されて「殺し」をするわけだけど、
彼にとってのメリットが見えない。 

観ててもずっと「なんで?」の連発。 

最後まで犯人がわからないという点では
良くできたサスペンスだったと思います。 

アル・パチーノとイ・ビョンホンかっこいいので、
彼ら目当てで観ても十分満足。

何がすごいって、タイトルがすごいですよ。
なぜ現在進行形?

前半。
純情大学生でボッチャン刈りのビョンホンがあまりにもダサすぎて、
ツボにはまってしまいました。
番外編「俳優へのインタービュー」で本人が、
「かつらじゃありません」と言ってたんですが、変なヘアスタイル。
でも、この系統、意外と好きかも。

奥手すぎて何も出来ないビョンホン。
そのアプローチ方法が斬新(!)。
いきなりかけよって靴ひもを結んであげたりとか、
僕はあなたに魔法をかけました、とか。
理解のない女性だったら「キモイ!」と言われかねないです。

雨のシーンが多いのですが、
ずぶ濡れになって、おでこに前髪がチョロチョロ〜と張り付いてる姿が
これまた格好悪すぎ。
続きを読む

↑このページのトップヘ