「私の頭の中の消しゴム」を先に観たら、
「消しゴムの人がぁ〜〜〜イメージがぁ〜〜〜」
とギャップにびっくりします。

(韓国映画は観るけど、俳優名は覚えてないという人が多いので
 チョン・ウソンは消しゴムの人
 クォン・サンウは牛乳の人
 チャン・ドンゴンは海から叫ぶ人
 というような表現をよくします。ご了承下さい。)

母は自分が幼い頃に亡くなった。
それ以来、父と二人暮らしだ。
学校に行く時も、いつも野良犬といっしょだった。
お腹がすくと近所の人がおむすびをくれた、とか
冒頭はほのぼのムード。タイトル通りの展開。
芦屋雁之助か?

高校でサッカー部に入りますが、
そのユニフォームが目に痛いデザイン。目立ちすぎだろ。
サッカー部の連中とトラブルがあり、喧嘩になります。
チョン・ウソンの泣き顔がブサイクすぎて
笑えた。

ストーリーとは別に、
韓国の田舎の一般家庭(?)の
暮らしが垣間見えておもしろいです。
高校を中退し、ぶらぶらしていたトンケ少年ですが、
料理はキッチリやります。
かなり豪快な盛りつけですが。
食卓はあるのになぜか縁側で食べてたな。
他の映画でもそんなシーンがあったような気がします。
目玉焼きの数で父親に文句を言ってますが、
警官の家庭にしちゃ、質素すぎやしませんか。

トンケが父親に小遣いをせびり
「何に使うんだ?」
「キムチを浸ける」

というやりとりがありました。
ドラマで子供が親に小遣いをせびる時の理由は
大抵ウソが多いんですが、
彼は本当にキムチを浸けていた。感動した!
ジャージを着て、真っ赤なゴム手袋をはめて
庭でキムチ制作。なんだか不衛生だな。
そこに友人(?)が来て、
一緒に飯を食おうということになるんですが、
食べ方が汚い・・・。からそー!
しかし食事を振る舞うとはなかなかいいヤツだな。
続きを読む